中古車の査定を5社 一括でやってもらえる 簡単ブログ

 

中古車の査定を 5社一括で調べてもらえる 最高に簡単 当然タダ

最大5社へ中古車一括査定!価格.com

 

一番安い 保険を探してもらえる  最高に簡単 当然タダ

 「価格.com自動車保険」あなたは払いすぎている!

 

 

posted by ちゅう at 20:45| 日記 | 更新情報をチェックする

中古車の査定について いろいろ

査定

ユーザが中古車を販売業者に売却する場合、まず業者が「査定」、つまり値踏みする。

査定のポイント

* 車種
* 年式
* 走行距離
* 色
* 中古市場での人気度



乗用車では一般的な傾向であるが、伝統的なセダンやクーペタイプは査定が安く、ミニバンやオフロード系4WD、ステーションワゴンなどのタイプは査定が高い傾向にある。また、軽自動車は税金や保険料などの維持費の安さから、地方を中心に一定の中古市場があることからか、すぐ上の1000ccクラスよりも高めの査定が付くことが多い。
[編集]

中古車検索サイト

中古車販売業者にとって在庫を多く抱えるのはスペース的にも財政的にも簡単ではない。一方購入予定者にとっても、どの業者にどのタイプの車があるか分からなければ、希望の車種・年式を探すのは困難である。これらの点で、双方に有益なのが「中古車検索サイト」である。インターネットオークションに中古車販売業者が店頭で陳列している中古車を出品していることも多い。

欠点は、インターネット上の情報だけで実物を見ることができないため、エンジンや足回りなどの状態が分からないことである。中古車は使われたユーザーによって一台一台状態が違うので、購入に際してはエンジンや足回りのオイル漏れや異音などのチェックが欠かせない。可能なら試乗しての各種チェック(停止時には分からないトランスミッションの状態(変速の状態など)チェックなど)も行い、実物の状態をしっかり見極める必要がある。
[編集]

中古車販売にかかわる諸問題

中古車では、交通事故で破損した自動車(事故車)を修理して販売する場合があるが、この事故を隠して販売した場合、その取引が問題視される。事故車の場合は事故によって目だった破損の他に、気付かれ難い欠陥がある場合があり、消費者がそれを知らずに使用していて、機械的な問題から事故を起こす危険が伴う事もあるためである。またニコイチ車、盗難車や水没車も経歴を隠してオークション市場に流れることもある。

中古車の販売については、事故歴を隠して販売する以外にも、走行距離計の数字を巻き戻し、走行距離を短く見せかけて販売 (いわゆるメーター戻し) することも多く、故障が発生して修理する際に、表示上の走行距離以上に部品が消耗していることが発覚するなど、トラブルが絶えない。その他、過去の整備履歴を記した整備手帳が処分されて整備状況がわからないなど多くの問題を抱える。

一方、日本では自動車においては、環境負荷の低減方策については、修理などによる長期的な使用よりも新車への置き換えが政策的に進められている。この一環であるNOx規制の関係で、関東地方や関西地方などでは、機能的には全く問題がないにもかかわらず古い自動車の変更登録ができなくなりつつあるため、中古車販売市場が規制対象外の地方に限定される問題がある。規制対象となるのはトラック/バンやバス、ディーゼルエンジン搭載乗用車であり、とりわけ地方のバス会社では経営が苦しいために新車の購入がままならず、20年以上も使い続けている社も多いために、大都市で10年程度使用した規制不適合の中古バスを譲り受けて入れ替える場合がほとんどであるが、東京都の石原慎太郎知事のように公害の移転だとして、地方バス会社への規制不適合の中古車売却に反対を示す場合もある。

また、所有者が変わることでナンバープレートが新しくなるために、中古車を購入したことがバレてしまう(車両の型が古いのに、○○500で始まる3桁の新形式のナンバープレートを装着しているため)問題もある。これについては現状の日本の自動車登録制度では避けることは不可能である。
posted by ちゅう at 20:44| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。